関連サイト

     

      当関連サイトをご案内します。
      下をクリックして
      各コーナーへお入りください


  • 最新のソーイングでおしゃれを実現しましょう
  • 自動で製図が引けるパタピッソフト
  • 格安アパレルCADソフト
  • 洋服のオーダー
  • 洋服の販売

  •  

     この home へ戻る時は、画面上
     ツールバーの 「← 戻る」をク
     リックしてお戻りください。


店舗ガイド

細かい寸法指示もOK?

仕上がり寸法の指示例

写真やイラストなどで製図を注文する場合、仕上がり寸法に希望があれば 下の表示例を参考に寸法指定をしてください。
指示がない場合は、写真やイラストから判断し、着用者のサイズに合わせて製図いたします。

● スカートやパンツのベルト実寸に関する注意 1

最近のスカートやパンツは、腰で履くタイプ(ヒップハング、ローライズと言います)が多く、履き位置によりベルトの実寸が異なります。(ベルトレスのタイプもありますが、その場合も同様です。)

ジャストウエストで履く場合は、ウエストサイズを元に製図が可能ですが、腰で履くタイプでは、腰のどの位置で履くかにより寸法が異なります。

実際に着用しているスカートやパンツで、履き位置が同じものがあれば、その実寸をメジャーやものさしで計ってお知らせくいただくと、丁度良いお好みの履き心地になります。

又、その際も次の点に注意してください。

 既製服の表示サイズは実寸ではありませんので注意してください。
   表示サイズではなく、実際に計ってお伝えください。

<例>『スカートW63』の表示は、ジャストウエストで履くタイプの場合、2〜3cmの
    ゆとりを入れ 約65〜66cmのでき上がりになっています。

● スカートやパンツのベルト実寸に関する注意 2

スカートやパンツのベルト寸法は、着心地の良いサイズに個人差があります。
ジャストウエストで履くスカートやパンツは、幅3cmベルトの場合、通常はウエストの採寸寸法に2〜3cmのゆとりを加えますが、きゅっと締めて履きたい方や、ゆったり履きたい方など個人差は大きく、適度な寸法の決定が難しい部分です。

その点でも、特に「きゅっと締めて履きたい方」と「ゆったりと履きたい方」の場合は、「○○cmに製図して欲しい」と指示してください。好みの履き心地に仕上がり安心です。

 仕上がり寸法で注文する場合は、ヌード(採寸)寸法との区別を明記してください。

例えば、<ウエスト65>と書かれた場合は、ヌード寸法が65cmと判断します。
仕上がり寸法を指示する場合は、「ウエストでき上がり寸法65cm」 または「ベルト実寸65cm」と明記してください。
どちらの寸法かが判断できる表示をお願い致します。


上記の指示によるパターン価格は 規定の料金を超えません。これ以外にも寸法指示箇所があれば、明記してご注文ください。指示に従い製図致します。

指示箇所が増える場合は、規定料金を越えます。
また 指示内容が細かく作業に時間がかかる場合も、時間に比例して料金が上がります。

指示寸法がデザインに対してバランスを崩す危険がある場合もありますので、無理のない範囲で指示していただく様お願いいたします。

「どうしてもこの部分はこの寸法で・・・」など、こだわりの箇所がある場合は、ご注文を伺う際にお見積を致しますので、気兼ねなくお尋ねください。