関連サイト

     

      当関連サイトをご案内します。
      下をクリックして
      各コーナーへお入りください


  • 最新のソーイングでおしゃれを実現しましょう
  • 自動で製図が引けるパタピッソフト
  • 格安アパレルCADソフト
  • 洋服のオーダー
  • 洋服の販売

  •  

     この home へ戻る時は、画面上
     ツールバーの 「← 戻る」をク
     リックしてお戻りください。


店舗ガイド

型紙の使い方

正しい裁断方法

最近市販されている型紙に縫い代を付けたものが多く、家庭洋裁で使用する際に問題になっています。

「サイズが合わず着れなかった」 「丈が短かった」・・・など、製作途中の確認作業をしないまま仕上げて失敗する例が多々あります。

特に市販のパターンなどは、個々のサイズで製図したものではありません。
異なる体型、異なる身長の人が同じ型紙を使って、皆がぴったりのはずはありません。
型紙に縫い代が付いているが為に、裁断ではその縫い代線でカットしてしまい、「サイズが合わない」「丈が短い」などの問題が起きます。

本来 裁断とは、充分な縫い代を付けて裁断すべきものです。
縫い代に余裕があれば、身幅を広くすることも 丈を伸ばすこともできます。
作成過程で着用し、「身幅がきつい」と思われたら脇線を外に広げて修正する、「丈が短いな」という時には、裾線を下げて修正する・・・など慎重に作成すれば失敗はありません。

pattern

なぜ、縫い代付きの型紙が市販されるようになったのでしょうか。

本来、家庭洋裁では、上で説明した様に 製図に縫い代をつけない方法が正しい方法です。
ところが、あるきっかけで 縫い代付きの型紙が市販されるようになったことから、他社も追随したものと思われます。 

縫い代付きの型紙は、本来 既製服の製作工程で使用する工業用の型紙(パターン)です。
アパレルメーカーなどのこのパターンは、試作を経た最終確定パターンです。縫い代は最小限で大丈夫と確認済のパターンです。

一般がパターンを扱う際もこの試作(仮縫い)工程は必要です。 或いは、補正が生じても対処できる安全な縫い代が必要です。

pattern

型紙はでき上がり線でカットし、余裕の縫い代を付けて裁断しましょう

右は、前身頃の型紙をでき上がり線でカットし、布に固定し、裁断をしている画像です。

最終的には、脇や肩は1.5cm、アームホールや首周りは1cmと、カットして仕上げますが、
「アームホールを修正するかも知れない」「身幅が足りないかも知れない」「丈が短いかも知れない」「首周りが空き過ぎるのは心配」・・・と心配な箇所には多目の縫い代を付けて裁断します。

pattern

裁断後の作業は「印付け」です。
印の付け方も色々な方法がありますが、型紙をでき上がり線でカットしていますので、下図の様に複写式のペーパーを使う場合も、切りじつけをする場合も、型紙のアウトライン(仕上がり線)をなぞるように印を付けていきます。

その後の縫製も、印に正確に縫合していけば、型紙通りの正確な服ができ上がります。

 裁断、印付け、他 基本的な方法を、動画を交えて分かり易く解説したコーナー(ソーイング magazine)を、パタピッ ユーザー対象に無料公開しています。 一部は、一般にも無料で公開しています。 してご覧ください。

pattern

既製服も試作を終えた最終段階で製図に縫い代を付けます

既製服は、縫い代付きの型紙を作成する段階で、上で説明した「確認作業」は終了しています。つまり、この段階で修正作業が終わっていますので、縫い代をつけた工業用パターンを縫製工場に送り量産工程に入ります。

既製服こそこの段階に至るまでに、慎重に試作を繰り返しています。
最初のパターンで試作をし、人に着用してもらったりボディーに着せて、でき上がりをチェックします。
着心地が悪い部分、シルエットを崩す部分、丈が足りない部分などをチェックし、再度試作し確認します。
何度も試作を繰り返し、最終段階で決定した製図に縫い代を付けて工場に送り、初めて本番の製作に入る訳です。

pattern

家庭洋裁では、失敗の危険を避けて 常に多目の縫い代を付けましょう

製作工程の確認作業が大切なことをお分かりいただけましたか。

こちらでは、写真やイラストで型紙をご注文いただいた場合、必要なゆとりを加えて製図を作成しますが、個人個人の好みの違いがあり「ゆとり」の決定は大変難しいものです。
若い方で「ピタッとフィットした服を着たい」方と、ご年配で「ゆったりした服が好き」という方では、ゆとり寸法は大きく異なります。

ご注文の際に、およその年齢と「ゆったりサイズが好き」、或いは「ぴったりが好き」などの指示をしていただきますと、製図はより正確になります。

また、扱う素材(服地)によっても 着心地は大きく異なります。
伸びる素材を使用するのか、伸びない生地で作るのかでは、特にスリムなデザインでは、伸びない生地で作ると窮屈で着れない服になってしまうこともあります。
また、伸び率によっても着心地は異なります。 同じ型紙を使用しても、「この生地は程良いのに、こちらの生地は大きく感じる」など違いがあります。 生地による着心地の違いは微妙です。

どちらにしても、多目の縫い代を付けて作成すれば、きつい場合でも補正ができますので安心です。
以上の説明で、
縫い代付き型紙についての認識がちょっと変わったのではないでしょうか。
ソーイングに関することで、まだまだ「あれっ?」と疑問に思うことは沢山あります。
正しい知識を知っていただく為に公開しています「
ソーイング magazine」を、是非ご利用いただければと思います。